コーヒーライブラリー

コーヒーの木とは?

コーヒー豆は「コーヒーの木」から採れます。
日常的にコーヒーが飲まれ世界的に安定的した供給となっていますので、普段あまり気にしないことですが不作もあれば豊作の年もある、自然の恵みから得られる”農作物”です。

コーヒーの木は、アルカロイド類(カフェインなど)を多く含むアカネ科に属する熱帯性低木です。家庭菜園で育てている方も多くいるでしょう。青々とした葉、美しく白い花が咲き、収穫時期には真っ赤な情熱的な実を宿ります。その真っ赤な実を象徴するような歴史的な出来事に育まれたコーヒー豆が、おいしいコーヒーとして目前のカップに注がれています。
自然の恵みに感謝せずにはいられません。
コーヒーはコーヒー以外に何物も含まれていない混じりけのない純粋な自然飲料です!

種から育てて何年で実ができる?

種を蒔いて3年目くらいから最初の花をつけ、花が咲いてから約8ヵ月かけて緑色から真っ赤な実に熟します。
4〜5年経過したころから収穫量が多くなり、手入れをよくすれば30年くらいの間収穫をあげることができます。